3Dレーザースキャナを活用した森林計測研修

森林の情報、例えば木の本数や材積を知りたいとき、あなたならどうしますか?


 現在、森林情報の調査にはプロット調査や毎木調査という手法が取られています。

これらの調査は

・人の手で行うので誤差が大きい

・時間がかかる

などの問題を抱えていました。

 

計測は長らくこれらの方法で行われていましたが、近年、3Dレーザースキャナを用いた計測が注目されるようになりました。

3Dレーザースキャナを用いることで正確な森林情報を素早く得ることができます。

 

4月9日、10日に3Dレーザースキャナで森林計測を行い、Digital Forestというソフトで解析を行う研修が大分県でありました。

初めてスキャナで得られた画像を見た参加者の皆さんは、「おお~」とTVショッピングさながらの声を上げておりました。

研修会は無事盛況のうちに終わることができました。

 

株式会社リタプラスはDigital Forestの九州総代理店として、新たな技術を提供していきます。そしてその技術の先にある森林管理の方法を提案していきます。

 

林業界に新風を巻き起こします!

お見逃しなく!